家づくりの相談窓口

こんなお悩み、不安はありませんか?

住宅の間取り、設計で不安やお悩みのある方へ

こんな不安お悩みがああるのではないですか?


      • こだわりや要望が取り入れてもらえないけど、本当に無理なの?
      • なんだかしっくり来ないし、不安。
      • もう少し工事費を節約できないかな?
      • 営業や設計の担当がなんだか頼りない…
      • 明るいリビングにしたいけど、大丈夫かな

設計にはデメリットが潜んでいます。

🏠要望やこだわりを詰め込みすぎると、バランスの悪い設計になっていきます。


🏠あなたの間取り・設計にも「必ず」大なり小なりデメリットが潜んでいます。


🏠さらに、「安全性」に関わる大切な品質がおろそかになっているかも知れません。


間取り・設計の診断、セカンドオピニオンを受けることで、
こんなメリットがあります。

☑️間取り、設計、仕様の悩みや不安が解消され、解決すべき部分が明確になります。

☑️「動線」「日当たり」「風通し」「収納性」「スペースの使い方」といった基本的な間取りの要素から、「構造」「安全性」「雨漏りのリスク」など、建物全般について相談ができます。

☑️「デザイン」や「コスト面」についても相談ができます。

☑️チェックのプロの目線から見た「設計」「間取り」のデメリットに気づくことができるので、工務店との打ち合わせ時に、具体的な相談ができます。

☑️工務店との打ち合わせの中で生じた問題点についても相談できるので、安心して家作りを進めることができます。

☑️大切な品質と、あなたの要望やこだわり予算とのバランスをとって、後悔しない家づくりができます。

お客様の声

女性

bestsmile様
注文住宅を建築中ですが、間取りが完成せずにすごく困っており、
想いを形にしてもらいたくて依頼しました。

結果、工務店側の設計さんから、無理、我慢するしかないと言われていた箇所も
代替え案を提案してくれて理想に近づけることができました。

「できない」前提ではなく、
「どうしたら理想に近づけてあげられるか」を考えてくださっていると思います。

これまで、工務店とのやり取りに3ヶ月もかかっています。
なのに、申し込んだら、数日で解決してしまいました(笑)

できることなら、工務店に支払った数十万の設計料を、
お支払いしたいくらいです。

間取りや建築関係でお困りの方がいたら、
お人柄もスキルも最上級の、自信を持って紹介したいと思います。

本当にありがとうございました!

男性

vince1007様
とても満足です。
間取りの細部にわたり、存在するリスクを指摘いただいたことで改善するべきところが明らかになりました。本来はHMの仕事なのですが…
思いつきもしないアイデアをたくさん出して頂き驚きの連続でした。バルコニーや書斎の位置など、実際にいくつか採用させて頂いており、かなり当初案より洗練されました。
コミュニケーションにおいても全く問題なく、レスポンスもとても早かったですし、とてもやりやすかったです。
もし今回依頼せず、当初のままのプランで決定したかと思うとゾッとします。本当に感謝しています。

女性

匿名様
ほぼ間取り図を変更出来ない時期にお願いさせていただいたにも関わらず、
こちらの不安がなくなるまで、当初の契約期間を延長してまで、付き合っていただけました。
とても信頼できる方です。
固定観念をなくし、再度冷静になって考える時間がとれたので、依頼できて良かったです。
ありがとうございました(^^)

※お客様の声はこちらにもございます。⇒⇒⇒お客様の声

間取り診断・セカンドオピニオンサービスのコース

※サービス内容や購入の仕方でご不明な点があればこちらからお問い合わせください。

※記載のサービス以外のことでもご相談ください。リフォーム・リノベーションのご相談も承っております。別途、お見積もり致します。

※各サービスは「PayPal」を使用した、クレジットカード払いまたは銀行振り込みとなります。PayPalでの登録・お支払いはこちらをご確認ください。

※Paypalを使用しない場合は、お手数ですがこちらの問い合わせフォームより、ご購入いただくメニューをお伝えください。追って振込先を返信いたします。

①『基本』間取り診断サービス【20,000円(税込)】

間取り図を中心とした診断・セカンドオピニオンサービスです。

「動線」「日当たり」「風通し」「収納性」「スペースの有効利用」といった基本的な間取りの要素から、
「構造面(耐震)」「安全面」「雨漏りのリスク(防水性)」についてもアドバイスしています。


※上記以外のことでも、やり取りのメールの中でご相談ください。工事費のこと、デザインのこと、地盤調査のことなど、気軽に相談いただいております。

※恐れ入りますが、二世帯住宅、50坪(165㎡)を超えるプランはオプション(追加費用が必要)となります。

※部分的な間取りの修正案(微修正)は本サービスに含まれますが、「階段の位置」や「LDKの位置」が変わるなどの大きな間取り変更はオプション(追加費用)となります。


🏠チェック図(部分修正案含む)

※こちらはあくまでも事例(サンプル)ですので、お客様の要望事項や生活スタイルによって指摘事項は異なります。

 

🏠指摘事項のレポート

【WordまたはPDFのテキスト形式】

チェック図面の番号ごとにテキスト形式で解説しアドバイスをいたします。

重要な項目を重点的に解説しています。

サンプルはこちら間取り診断レポートサンプル

※動線計画(生活動線、家事動線)、日当たり、風通し、収納計画の他、ヒアリング時にお聞きしたお悩みのポイントへの回答や対策を記載します。

 

🏠別添説明図(手書きのパースや展開図、日当たり検証など)

※サンプル画像は例ですので、設計内容によって解説に使用する図面は異なります。

50坪(165㎡)超える場合の追加【プラス3,000円(税込)】

延べ面積が50坪(165㎡)を超える場合は選択してください。

二世帯住宅の場合の追加【プラス5,000円(税込)】

二世帯住宅の場合は選択してください。

※延べ面積が200㎡を超える場合は、お手数ですがこちらからお問い合わせください。別途お見積もりをさせて頂きます。


間取り診断メニュー



※お支払いは「PayPal」を使用した、クレジットカード払いまたは銀行振り込みとなります。PayPalの登録はこちらをご覧ください。

※PayPalを使用しない場合は、お手数ですがこちらの問い合わせフォームより、ご購入いただくメニューをお伝えください。追って振込先を返信いたします。

②「オプション」間取り変更案作成【プラス20,000円(税込)】

「階段の位置」や「複数の部屋の位置」が変わるような大きな間取り変更の提案をします。
マイホームデザイナーでのご提示となります(間取りのみのご提示で、設計図面の作成はしておりません)。

※ご提示した間取りは2回まで無料で修正いたします。

部分的な「微修正」の案は①の基本プラン内でご提示していますが、階段の位置変更や複数の部屋の配置を変更するような大きな間取り修正は当オプションでの別途料金を頂いております。




③「オプション」仕様書診断サービス【プラス5,000円(税込)】

①の間取りに加え、仕様書(構造材や仕上げ材を主に、建具や設備なども)をチェックし、品質に問題がないか、各仕様のデメリットなどをアドバイス致します。




④「オプション」スイッチ・コンセント診断サービス【プラス5,000円(税込)】

①の間取りに加え、電気設備図(照明、スイッチ、コンセントの位置が入った図面)【照明、スイッチ、コンセントの位置】をトータル的にチェックし、使いやすい位置をアドバイス致します。

スイッチ・コンセント等チェック・解説図の例
スイッチ・コンセント等チェック・解説図の例



⑤「オプション」木造耐力壁チェック【プラス10,000円(税込)】

木造在来工法の壁量計算、バランスチェック、接合金物のチェックをし、構造図との整合を確認します。




サービスの流れ・内容

⦿基本的にメールでのやりとりとなります。

  1. 購入ボタンから必要なサービスをご購入ください。
    入金が確認できましたら、こちらからサービスの流れについてのメールを送付いたします。
    (PayPalによる「クレジットカードまたは銀行振込み」となります。PayPalを利用されない場合は、お手数ですが、こちらからご連絡頂ければ、追って振込先をご連絡させて頂きます。)
  2. ヒアリングシートや図面等の必要資料をメールに添付し、送付ください。
  3. 資料を確認しながら、追加でヒアリングをさせて頂きます。
  4. 間取りや設計資料をチェック・診断し、デメリットを洗い出します。
  5. チェック図に指摘事項(デメリット)や改善策を書き入れ、アドバイス致します。
    (~概ね1週間から10日程度【※各オプションも含む納期については、別途お問い合わせください。】
    設計プランに応じて部分的な間取り修正の案や、説明用の手描き図を添付しております。
  6. 改善案や指摘事項をもって、工務店やハウスメーカーとの設計の打ち合わせにお望みください。
  7. 工務店やハウスメーカーとの設計の打ち合わせで出た課題や問題を教えてください。
    新しい間取り図があれば添付してください。
  8. 新たに出た課題や問題点に対しての対策やアドバイスをさせて頂き、サービス終了となります。(サービス開始から2週間程度)

用意していただく資料

①間取り診断サービス
ヒアリングシート★必須 ⇒こちら【ヒアリングシート(Word)】
※必要事項をメール本文に記載いただいても結構です。必要事項はこちらです。

位置図★必須(できればGoogleマップのURL)

配置図★必須

各階平面図★必須(寸法線が記載されているもの)

□立面図(または外観図や3Dパース)

□断面図(寸法線が記載されているもの)

※各図面はPDFやJPEGで、できる限り、歪みが無く縮尺が正しいものをお願いします。

「写メ」でも可能ですが、鮮明で歪みのないもの(真上から撮影)をお願いします。(業者から送付されたPDFデータが最良です。)

※平面図、断面図は必ず寸法線が入ったものを添付してください。

※立面図や断面図、仕様書が無くても間取り診断は可能ですが、検証できない項目もありますのでご相談ください。

③「オプション」仕様書診断サービス
□仕様書(構造、仕上げ、建具、設備などの材料を記載した表です。)

④スイッチ・コンセント診断サービス
□電気設備図(照明、スイッチ、コンセント位置が入った図面)

⑤木造壁量計算チェック
□構造図
□立面図
□壁量計算書

よくあるご質問

診断は設計がどの段階で受けるのがいいの?
工事の契約をするまでであればいつでも大丈夫です。
ただし、設計が終盤になってくると、設計の変更が難しい場合もありますので、なるべく早い段階で受けることをおすすめします。
工務店にはセカンドオピニオンを受けていることを伝えても大丈夫?
最近ではセカンドオピニオンを受けることは当たり前のようになっていますので、全く問題はありません。
逆に、第三者の的確な意見を拒むような業者は望ましくはありません。
指摘事項や改善案に対してスムーズに対応できる業者でないと技術力に問題があるかもしれませんので、
診断後の打ち合わせの結果についてもフォローしております。
診断の結果、間取りが良くなければ設計しなおしてもらえるの?
こちらは設計事務所ではありませんので、設計をやり直すサービスはしておりません。
ただし、修正案(大きな間取り変更はオプション)のご提示はさせて頂いていますので、その資料により工務店にご指示いただければと思います。
チェック図などを頂いたあとの相談はいつまでできるの?
工務店と間取り修正の打ち合わせをして頂き、そこで出た課題やお悩みにもお答えしております。
返金はどのような時に可能ですか?
返金についてはサービスの性質上、間違って購入された際のみとさせて頂いております。

建築のセカンドオピニオンをすることへの私の想い

当サイトを運営しております、建築士のtakumiです。

私はゼネコンの施工管理を経て、役所(県庁)にて建築の審査や検査、公共施設の設計・工事などの整備を長くしてきました。現在は建築のコンサルタント(相談)やフリーで建築検査員などをしております。

病気になると、セカンドオピニオンを受けるのが当たり前のようになってきました。
なぜなら、例え、優秀な医師であっても人間ですから間違いもあれば、

いろんな意見が出て当たり前なのです。

各医師の経験値から考えられる答えの全てを患者さんが受け止め、
病気を克服する為に、よりよい方法を決めていますよね。

私は、家づくりも同じだと考えます。

設計士をはじめ、プロである建築の技術者は、得意分野も違えば、通ってきた道も違うので、
それぞれ、様々な経験値を持っていますから、その経験値を最大限活用することが、
失敗しない家作りにもっとも重要なことではないでしょうか?

過去に出会った施主様の事例ですが、施工する工務店の設計士の言葉だけを信じ、
家を建てた人がいたのですが、結果、後から重要な問題点が発覚致しました。

工務店や設計士に悪気は全くなかったのですが、施工会社のルールを遵守することに慣れてしまい、
見落としが生じていたようです。

やはり、人は完璧ではないということを痛感した事例であり、
もっと早くにセカンドオピニオンを受けていたら・・・、と
その施主様は悔やんでおられました。

実は、このようなケースは結構多く起きています。

だからこそ、医師のセカンドオピニオンと同様に、
家づくりにも第三者の建築士によるセカンドオピニオンが重要だと思うのです。

工務店にも設計料をお支払いしているのに、
またお金を払って相談しないといけないの?

そう思うかもしれませんね。

ですが、高額な家づくりなのに、
施工会社の設計士や営業の意見や経験値だけを鵜のみにすることは
とても危険である、と私は思います。

ただし、間違って欲しくないのは、
あくまでも施工会社の設計士さんが「設計者」であることに
変わりはありません。

施工会社やその設計士さんの嫌がらせの為に
セカンドオピニオンがあるわけではなく、

施主様にそっと寄り添う立場で、
チェックのプロ目線から見た注意点や改善策をお伝えしたい、

そのような想いがあります。

あなたと、施工会社の設計士さん、セカンドオピニオン担当の私、
家づくり全てに係わる人間の知恵と経験により、

 安全で、安心できる、
 あなたの理想の住まい

が完成することを、心から願っております。

ページの先頭へ