落とし穴にはまらないために
「今」、読むべきE-book(PDF)

  ■閉鎖的で薄暗いリビング・・・


  ■使いにくい動線・・・


  ■見た目ばかりこだわっているが中身はボロボロの欠陥住宅・・・


そんな危険な家を造ろうとしていませんか?



ハウスメーカーでは教えてくれない
『危険回避の7つのチェックポイント』



🔶🔶🔶さらに今だけ!🔶🔶🔶

間取りを自分でチェックするための
家づくりの必需品

☑何をチェックした良いのかわからない

☑デメリットが潜むところはどんな場所?

☑プロはどういうところを見ているの?

そんな悩みを解決するツール


100項目以上を細かく確認し、まずは自分でチェック!!
takumi式「間取りのチェックリスト」

 今だけ期間限定で無料プレゼント中 

▼無料ダウンロードはこちら▼


 

建築士takumiの特別無料メルマガ講座~ハウスメーカーでは教えてくれない『危険回避の7つのチェックポイント』




 

理想の住まいを手に入れるためには、
ハウスメーカーの言いなりにならないような
必須の知識があることをご存知でしたか?

もう、当たり前のことではありますが、何千万もする大きな買い物。
「丸腰」で挑んでは失敗します。


そして、ハウスメーカー任せでは、後悔することもよくあること。


素敵な家を手に入れるためには、情報を手に入れて「学ぶこと」
そして、自ら「チェック」することが必要です。

そして、無料メルマガ講座では、建築士takumiが、
失敗しない「家づくりノウハウ」を次々と配信!!

✅「失敗しない家づくりのための2つの秘訣とは?」

✅注文住宅では「こだわりがデメリットに?


お楽しみに!

E-book 「ハウスメーカーでは教えてくれない
危険回避の7つのチェックポイント」の概要

第1章~住まいの本質に気付かないと不健康で後々お金もかかる!

当たり前に備わると思っている家の「品質」が、当たり前ではない事実。
知らずに建てるから後悔することに。。。


第2章~間取りの「ありがち」7つの落とし穴

よくある失敗の割には、何も考えられていない事例が多発中。
デメリットをデメリットと思っていないことがまず大きな問題。


第3章~落とし穴の原因の根本はこれ「・・・設計も工事もチェック体制がない」

何千万もする大きな買い物、なのに、チェックされてない現状。
あなたの大切な家の設計や工事、最悪の場合は1人もチェックせずに建つこともあるワケ。


第4章~「こだわり」間取りのヒント

人気の便利スペース「ウォークインクローゼット」、「ランドリールーム」、「ワークスペース」
これらをうまく採り入れる大ヒントを掲載中!



✅まずは自分でチェックすることで、デメリットを洗い出し、プランをブラッシュアップしてみましょう!

建築士takumiのプロフィール

蛭川 工(takumi hirukawa)


~住む人を安全と安心に導く緻密な建築チェックマン~

建築コンサルタント、建築検査員

資格:一級建築士(国家資格)、建築基準適合判定資格者(国家資格)、住宅性能評価員


中堅ゼネコンで施工管理、県庁(建築職)を経て、現在建築コンサルタントに。

県庁では公務員建築士として多くの設計士、工事業者と関わってきたが、その技術力や説明力にはかなりの差があることを経験し、エンドユーザーである施主、利用者に安心できるものづくりを進めるため、建築コンサルタントとなる。

数々の設計や工事の審査・検査を行ってきた知識と経験により、詳細なチェックと修正・提案力をもつ。
また、ゼネコンでの施工管理の経験や公共建築の設計・工事の監督の経験から、適切で詳細な工事現場のチェックを行う。

設計や工事のフォロー、間取り診断、各種工事の検査を行っており、鋭いチェックと丁寧な解説が定評である。

▼無料ダウンロードはこちら▼


 

建築士takumiの特別無料メルマガ講座~ハウスメーカーでは教えてくれない『危険回避の7つのチェックポイント』




ページの先頭へ