住まいの換気計画の重要性

こんにちは。

建築コンサルタントのtakumiです。

新型コロナの家庭内感染防止のため、部屋の換気が推奨されてます。

この感染症の嫌なところは、症状が出ない人も多く、本人も気づかずウィルスを保有している可能性があることです。

そのため知らず知らずのうちにウィルスを撒き散らす可能性があるので、たいへん厄介。

だから、公共の場以外も対策が必要で、家の中でもしっかり換気をして、万が一ウィルスを保有していても家族同士で広げてしまわない措置が大切ですよね。

今回は、住まいの効率的な換気の方法について解説致します。

ただ、「間違った換気方法が多い!」ので、この機会に換気の仕方を知っておきましょう。

まず、前提となりますが、普通のエアコンでは換気はできません。

エアコンは風を吹き出すだけですので、部屋の中の空気を入れ替える機能はありません!

換気には以下の方法がありますね。

窓を開けて換気する方法と、換気扇を使う換気、そして、換気扇と窓の両方を使う場合の注意点もあります。

 

では見ていきましょう。

◆自然換気(窓を開ける)方法

最近は、「窓を開けない族」が増えております。

家の中の空気を「しっかり」入れ替えるには、窓を開けるのが最も効率的です。

キッチンで魚焼いた際に、キッチンの換気扇では間に合わない時には窓を開けますよね?

外の空気が良くない(もしくはアレルギー持ち)、

超高層マンションの上階、

隣の家が接近しすぎ、

など、窓を開けられない状況もあるかと思いますが、なるべく窓を開けられる時期、天気の良い日には窓を開けて空気の入れ替えをしたいところです。

窓での換気は、単一の窓を開けるだけでもある程度は換気できます。

ただし、ひとつの窓を開けるだけの場合は、空気の重さにより空気が入れ替わりますので、それほど大きく入れ替わりません。

そのため、一気に空気を入れ替える場合は、家の端と端の窓を開けて、「風を通す」ことが大切です。

家全体で風を通す
家全体で風を通す

また、各個室の場合では、部屋の2方向に窓があるとよく風が抜けることになります。

◆機械換気(換気扇)を使う方法

換気扇でももちろん空気を入れ替えることが可能です。

ただし24時間換気(機械換気)は微量の換気です。

24時間換気では、2時間ほどかけて部屋の空気を入れ替えるといった、小さい能力の換気ですので、ウィルスを追い出すには不十分です。

そのため、換気扇で家の中の空気を入れ替えたい場合は、能力の大きいキッチンや浴室のの換気扇を使う必要があります。

これらの換気扇をつけておけば、家の中の空気がこれらの換気扇へ吸い込まれていき、吸気口やサッシの隙間から屋外の空気が取り込まれます。

◆機械換気と自然換気を合わせる方法

上記の方法でも換気ができますが、キッチンやお風呂の換気能力が大きいと、吸気口や隙間から外気を取り入れる量が少なく、きちんと効率よく換気ができていない場合があります。

その場合は、つけておく換気扇から遠い位置の窓を「少しだけ」開けておくと、その間の空気を入れ替えるのに効率が良くなります。

浴室の換気扇で排出する場合

 

キッチンの換気扇で排出する場合

注意すべきは、つけておく換気扇の近くの窓を開けておくと、その付近だけの換気に終わってしまうので、広い範囲の空気の入れ替えができなくなりますので要注意です。

まとめ

新型コロナ対策としてもそうですが、健康的な生活のためには、やっぱりたまには家中の空気を入れ替えてスッキリしたいものです。

夏や冬でも、天気が良ければ1日1回は窓を全開して風を通しましょう。



そして、とにかく、私が重要視しているのは、家の品質を守ること。

あなたの大切な住まいが、低品質の危険な家では最悪です。

「あなたのこだわり」と「高い品質」、これらを両立するための方法とはなにか?

完成してから後悔することのないよう、知っておくべきことがあります↓↓↓



 

失敗しない家づくりのための、無料のメルマガ講座への登録はこちらから。

今なら、家づくりのE-book

危険回避のための7つのチェックポイント

プレゼント中!!

  • 「流行りの外観にはデメリットがいっぱい?」
  • 「間取りのありがち7つの落とし穴」
  • 「落とし穴にハマる原因はなにか?」
  • 「上手くいくこだわり間取りのヒント」

などなど、チェックマンtakumiがズバッと解説!

こちらをクリックして今すぐ確認 ↓ ↓ ↓

建築士takumiの特別無料メルマガ講座はこちら!

また、住宅に関するお問い合わせやご相談は、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。

↓↓↓