仕上げ材料について

注文住宅の計画では、材料選びも一苦労です。

建築材料といっても、ほんと、色々ありますからね。

ハウスメーカーや多くの工務店では規格住宅でシリーズ化しているため、材料や仕様を選べる範囲が狭いことが多いのですが、建築基準法に適合しているものであれば、他にも色々と選択肢はあります。

建築材料選びはデザインはもとより、材料によって機能性にも違いがありますし、もちろんスペックの高い材料はコストも高くなります。

[屋根]

屋根の材料は見た目以外にも、その後のメンテナンスや、その重さにより構造にも影響します。ここでは一般的な材料を簡単に紹介しておきます。

最も一般的で昔からあるものはですね。

瓦は耐久性、耐候性もよく、さらには断熱性もあり、メンテナンスはほとんど必要ないですが、如何せん重いので、構造に負担がかかります。

金属系やスレート系の軽い屋根と比べると7~8倍の重量がありますので、耐力壁などの耐震基準は厳しくなり、その分構造体の費用もアップしてしまいます。

地震や台風で瓦がズレることも多く、ズレた部分から雨水が侵入し雨漏りしてしまうこともあるため、地震や台風の後はメンテナンスが必要となることもあります。

メリットはなんといっても耐久性、断熱性が良く、日本瓦は昔から使われている材料ですので安心ですし、モダンな外観デザインにも合わせることもできます。

瓦は粘土系とセメント系、和風も洋風もありますので、建物の雰囲気に応じて選ぶこともできます。

■日本瓦
✧重 量:45~50kg/㎡(非常に重い)
✧価 格:10,000円/㎡前後(高い)
✧耐用年数:50年以上(基本はメンテ不要)

■セメント瓦(洋瓦)
✧重量:40~45kg/㎡(重い)
✧価格:7,000円前後
✧耐用年数:30年程度(塗装のメンテナンス要)

ガルバリウム鋼板

鋼板系ではガルバリウム鋼板という材料があります。

ガルバリウム鋼板は、アルミニウムが55%、亜鉛が43.4%、シリコン1.6%から成る、アルミと亜鉛の混合メッキの鋼板です。塗装したものであれば見た目にはカラー鋼板と変わりません。

鋼板ですので非常に軽く耐震性に有利であり、また、錆びにくく耐食性が良いこと、また耐候性にも優れています

ただし、屋根に使うものは0.5mm前後の鋼板ですので強度はありません

葺き方は横葺きや、瓦棒葺きのような縦葺きがあり、外観デザインに応じて工夫ができます。

鋼板では亜鉛メッキやカラー鋼板というのもありますが、メッキが剥げやすく錆が出やすいので、鋼板とするならこのガルバニウム鋼板を採用してください。

ただし、あくまでも「メッキ」ですので、キズが着いた部分や切り口はきちんと再塗装や防錆処理をしないとそこから錆びますので、施工中のチェックは大切です。

また、屋根材自体は薄い鋼板ですので断熱性がありません。最上階の天井断熱とは別に、屋根に断熱材を仕込む屋根断熱も考慮しても良いかもしれません。

遮音性にも乏しく、表面が金属であるため、「パラパラ」という雨音が気になることもあります。

■ガルバリウム鋼板
✧重 量:5~8kg/㎡(非常に軽い)
✧価 格:6,000~8,000円/㎡程度(比較的高い)
✧耐用年数:30年程度(塗装のメンテナンス要)

スレート系

安めの材料ではスレート系という繊維強化した薄いシート系の材料があります。カラーベストやコロニアルといったものですね。

スレート系は比較的安価で軽いのがメリットですが、耐久性の面ではあまり長持ちしません。メンテナンスが必要で、そのうち葺き替えが必要になります。

シート状の材料を貼っていく工法となりますので、比較的取り扱いやすく、屋根材の中では安くローコスト住宅にもよく使用されます。

表面がザラザラしていますので水分が溜まりやすく、カビやコケが発生しやすく、常に湿っている部分から劣化していきます。

通常は屋根材というのは10年保証となりますが、瓦やガルバリウムが手入れせずに20年以上はもつのに対して、スレート系では10~15年経てば劣化が目立ってきます。

■スレート系屋根
✧重 量:15~20kg/㎡(比較的軽い)
✧価 格:5,000円/㎡前後(安い)
✧耐用年数:20年程度(塗装や部分張替えのメンテナンス要)

[外壁]

外壁は非常に種類が多いものです。外壁材の中でもサイディングを使用することがほとんどなのですが、一言に「サイディング」といっても「窯業系」、「金属系」、「樹脂系」などがあり、仕上げも工場塗装であったり、素地のサイディングやボードの上に現場で塗装や吹き付けをするものもあります。

外壁ではセメントや繊維系の材料を混ぜて成形した「窯業系」のサイディングが一般的なものと言ってもいいのではないでしょうか。

窯業系サイディングについて

窯業系サイディングはデザインや機能も様々、コストも様々で、本当に色んな種類があります。

品質も良いものが出ていますが、一般的には耐久性が良く防火性能を有しているものがほとんどです。

タイル張りっぽいものから金属っぽいもの、吹き付けっぽいものと、仕上がりは様々です。正直、迷うと思います。

一般的には、現場で塗装や吹き付けをするものより工場で塗装されたものの方が品質は良いです。

コストは若干工場塗装の方が高くつきますが、耐久性や仕上がりを考えると工場塗装がメリットが多いと思われます。

また、窯業系のサイディングは表面を加工しているものも多く、防水性や耐候性、光触媒といった「勝手に綺麗にしてくれる」機能も備わったものもあります。

しかし、このような機能もだんだん薄れてくるものです。10年以上経てば効果も少なくなり、表面塗装をやりかえる必要が生じてきます。

窯業系サイディングの厚み

窯業系サイディングは14mm、15mm、16mmといった厚さが主流となっています。厚い方が良いものとなります。注意が必要なのは、「留め方」です。

一般的には14mmは「クギどめ」、15mm以上は「金具どめ」が一般的となりますが、クギどめはクギの頭の部分から塗装が劣化してきたり、浸水してしまうといったデメリットがありますので、できれば金具どめができる厚みを選択するべきなのです。

※外壁については詳しくはこちらをご覧ください↓↓↓

[内装の壁、天井]

壁や天井はやはり壁紙クロスが多いです。石膏ボードの下地にクロスを貼り付けるものが安くて失敗もありません。

色や柄、等級も色々ありますので、部屋の用途に応じて変える事も可能です。一番無難でコスパの高い材料と言えますね。

また、クロスはほとんどが樹脂系の素材ですが、木や綿などの有機素材を原料としているものもあります少し高くはなりますが検討してみてもいいですね。

どんな内装もそうですが、経年劣化でやり変える時が来ますが、クロスは貼り替えもしやすいものです。

クロスには等級がありますが、一般的に注文住宅ではAA級というクラスがほとんどで、1,000円/㎡位となっています。

AA級は等級としては8等級のうち下から2番目のものですが、AA級でも種類や柄はものすごく沢山ありますので、よほど上位の等級に欲しいクロスがある場合以外はAA級で十分であると思います。

天然素材としては、木材を貼ることも多いですね。リビングの腰壁や天井にスギやヒノキ、パイン材の羽目板を貼ったり、シナなどの合板で仕上げることもあります。

全面を木材とせずに、一部に使うことでいいアクセントになりますので、出来れば取り入れたいですね。

健康志向の方は珪藻土や漆喰といった塗り壁の内装とすることもあります。これらのメリットは見た目の質感も良いものですが、やはり湿度の調整にあります。

夏のジメジメや冬の結露によるカビなど、日本の湿度対策は不可欠です。

しかし、塗り壁は専門職人の数も少なくなり、コストが高くなってしまうことや、工期が長くなるというデメリットもあります。

[床]

床材はフローリングが一般的ですね。個人的には予算が合えばフローリングにはこだわって頂きたいところです。例えばリビングだけはこだわった素材でっていうのもアリです。毎日触れるところですからね。

フローリングには「単層フローリング」と「複合フローリング」があります。単層フローリングは無垢のことです。これに対して複合フローリングは薄く加工した板を接着剤で貼り合わせて造られているものです。

単層フローリングは木材から切り出し成形しているため、やはり見た目や踏み心地の質感が一番ですね。

ただ、吸湿のため施工後に隙間が生じたり沿ってくるなどの狂いが生じる可能性があります。また、大量生産が出来ませんので木材にもよりますが、価格も高めとなります。

無垢のフローリングの場合、木の種類も色々あります。スギやヒノキ、メープルやサクラ、ナラ、パイン材…etc、と色々あります。
ブラックチェリーやメープルはほんとに綺麗ですし、チークやウォールナットは高級な質感が素晴らしく、どれもおすすめです。(私の実家の床にもブラックチェリー材を貼ってありますが、ほんのりピンクがかった色合いがキレイです。)

※フローリングについては詳しくはこちらをご覧ください↓↓↓

複合フローリングは質感では無垢には劣りますが、表面上は無垢と見分けがつかないものもあります。

表面に本物の薄い木を貼ってあるもの(突板は約0.3mm、挽板は約2mmの厚さの薄皮)とプリント柄を貼ってあるものの2種類に別れます。当然、プリント合板の方が安くなりますが、やはり安っぽいです。

複合フローリングは加工品ですので施工後のソリなどの狂いも少く価格を抑えられていることがメリットです。表面に予め加工処理することで防水性や傷が付きにくい仕様となっているものもあります。

どんな材料でもそうですが、床材は特にサンプルや実際に貼ってある展示場などで実物をご覧になって検討頂きたいですね。

フローリング以外にも、クッションフロアや畳、大判タイルと様々な床仕上げがありますので、用途に応じて検討したいですね。

[サンプルの確認]

仕上げ材で困った時、イメージできない時は迷わず、「サンプルを見せてください」と言いましょう。

カタログの写真では色も質感も全然伝わらないですし、実際の実物とは違った印象になるはずです。

外壁でも屋根でも内装材でも大概はメーカーがサンプルを用意しています。設計時点でも、実際に工事中で色決めに悩んでいる時でも、サンプルを用意してもらっていくつかを比較して決めていくことが大切です。

ただ、サンプルは小さめのサイズしかありません。サンプルを見ても結構想像力は必要ですし、大きな面積になると色合いも違って見えます

どうしても実物を見ておきたい場合は設計者や工務店や、実際のメーカーに問い合わせて、その材料を使った実例を見せてもらえないかオファーしてみるのもいいですね。


失敗しない家づくりのための、無料のメルマガ講座への登録はこちらから。

今なら、『家づくり7つの真実』がわかるE-bookプレゼント中!

こちらをクリックして確認↓ ↓ ↓

建築士takumiの無料メルマガ講座    

また、住宅に関するお問い合わせやご相談は、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。