失敗しない家づくりのための、無料のメルマガ講座への登録はこちらから。 今なら、契約までに絶対に確認すべきチェックリストをプレゼント中!
↓ ↓ ↓


高品質な住宅。なんかいい響きです。

品質の高い住宅に住みたい。あなたもそう思いません?

でも、予算も限られている中で高価な材料や設備を揃えることはなかなか困難なことですよね。

[住宅で品質とはなにか]

そもそも住宅の建築において、品質とはなにを言うのでしょう。ハイスペックという言葉もありますが、スペックと品質はまた違いますよね。「スペック」は「仕様」です。

※仕様(スペック)とは「物を作る際に決めた設計」のことです。機能や性能を満たすための具体的な設計手段です。

※品質(クオリティ)とは、ISO9000では「本来備わっている特性の集まりが要求事項を満たす程度」と定義されています。

「高品質」=「ハイクオリティ」となります。建築の分野において、品質が高いというのは特別高価なものではなく、本来不可欠な機能をきちんと備えることです。

では、住宅にとって不可欠な機能とはどのようなものでしょう。

「高品質な住宅」と検索すれば、ハウスメーカーや工務店のサイトで様々な取り組みが見られます。

・断熱性などの省エネルギー住宅
・地震に強い、耐震性に優れた住宅
・老後も安心できる、バリアフリー住宅
・明るく、風通しの良い住宅
・エコな材料に配慮した健康住宅

といった、現代の住まいに必要なことが取り組まれています。

これらはどれも正解ですよね。

でも、これらは「仕様」なんです。これらを高い基準で求めていくと「ハイスペック」な住宅となって行きます。

スペックには最低基準はありますが、それぞれの住宅によって、また建築主によって必要とするレベルが違います。予算も違います。

限られた予算の中で、不可欠な機能を確実に満たすことが必要です。

「高品質」というのは建築主であるあなたが選んだ不可欠な仕様や機能が示された設計図面や仕様書を、丁寧に、確実に施工していくことで得られるものなんです。

[高品質はあたりまえ?]

「安かろう悪かろう」ではありません。安い工事費でも高品質であるべきです。ネットで「注文住宅」で検索すれば、「不安」や「失敗」、「瑕疵」なんてマイナスのワードが多く出てきます。

手抜き工事なんて論外ですが、施工のミスや施工不良といった欠点を排除していくためには、丁寧な施工と確かな技術力、確実なチェック体制が必要です。

したがって、高品質な住宅は全ての住宅において可能なことなんです。

・あなたが必要とする性能、機能を示す
・設計者があなたの希望を取り入れる
・施工者が設計通りに施工する

これが完璧にできれば、どんな住宅も高品質ですよね。でも、現実はそうではありません。

住宅もそうですが、建築はどこまで行っても人間のすることです。志が高い設計者、施工者でもミスはあります。ベテランの職人でもミスをしますし施工のムラもあります。でも、人がすることであるから住みやすい、心地よい住宅が生まれるのではないでしょうか。

では、ミスを無くすためにチェック体制ができていれば、高品質な住宅は可能ということですね。

チェック体制のひとつの形が設計の「セカンドオピニオン」、施工者でも設計者でもない「第三者工事監理の導入」であります。(⇒工事監理とは?

建築工事というのは耐震(構造)、防火、防水、断熱と重要な仕様があり、住宅といえどもたいへん複雑なものであるため、土木や製造業といったほかの業種には見られない「工事監理」というチェックの要である体制が法的に必要としています。

これから住宅を計画される方、現在奮闘中の方も、「高品質な住宅」の実現のために、設計や工事のチェック体制を考えられてはいかがでしょう。




失敗しない家づくりのための、無料のメルマガ講座への登録はこちらから。 今なら、契約までに絶対に確認すべきチェックリストをプレゼント中!
↓ ↓ ↓


間取りの診断や設計のセカンドオピニオンは、建築チェックのプロにお任せください
↓ ↓ ↓

間取り診断・設計のセカンドオピニオンサービス


また、当サイトの記事や住宅に関するお問い合わせやご相談は、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。