はじめに

こんにちは。

建築コンサルタントのtakumiです。

 

間取りの計画では、収納の計画は「片付く部屋」をつくる上では非常に重要です。

まず、ものを入れるスペースがなければ片付くわけがありません。

そして、ものを入れるスペースが使いにくくても、うまく収納できず、効率的に片付かないので、「スッキリ」とはいきません。

今回は、収納の主役である「ウォークインクローゼット」について解説したいと思います。

ウォークインクローゼットとは

まず、ウォークインクローゼットってなんでしょう?

その名の通りなのですが、クローゼットの中に入って、服を選んだり整理したりするスペースですね。

普通のクローゼット(壁面収納)は、部屋の壁側に面してつくられますが、ウォークインクローゼットはひとつの部屋としてつくります。

WIC」と表記したり、最近では家族みんなで使う「ファミリークローゼット」もウォークインタイプが多く使われます。

このウォークインクローゼットに対して、奥行きが70cm~90cm程度のものを壁面クローゼット(または単にクローゼット)と言います。

ウォークインクローゼットの参考写真

 

壁面クローゼットの参考写真

ウォークインクローゼットのメリットとデメリット

WICのメリット

まずウォークインクローゼットのメリットは、「部屋がスッキリする」ということです。

通常の壁面収納の場合は、大きくするとその分、収納のドアも増えてしまいますが、ウォークインクローゼットの場合は入口ひとつで済みます。

そして、中で着替えられることもメリットです。

クローゼットの中はいわば衣装部屋ですから、シャツからインナーからボトム、アウターと全てのアイテムを入れておけることから、「服を選ぶ時にスムーズ」ということです。

また、イニシャルコストとしてもドアの数量が少なくなるので、工事費を抑えられるメリットもあります。

WICのデメリット

ウォークインクローゼットのデメリットは、実は収納の効率が良くない、ということとです。

ウォークインクローゼットは収納の中に「通路」が必要ですから、どうしても収納効率は悪くなります。

同じ2帖を収納に使うなら、ウォークインクローゼットよりも、通路の要らない壁面クローゼットの方が、収納可能な「体積」は大きくなるということです。

効率的なウォークインクローゼットの形

ウォークインクローゼットは中に通路が必要なので、あんまり大きくすると通路もその分増えますので、大きくするほど効率が悪くなります。

また、両側に収納スペースをつくり真ん中を通路とすることが効率的です。

そのため、2帖~3帖程度が適度な大きさとなります。

クローゼット内部の寸法配分としては、下図↓↓↓のようになりまず。

ウォークインクローゼットの通路と収納の配分

このように通路(50~60cm程度)と、両側(もしくはコの字)に奥行50~60cmの収納スペースをつくることが最も効率的となります。

そのため、下図のように意図もなく幅が中途半端になると、通路スペースが大きくなり非効率となるわけです。

※面積に余裕があれば、通路にゆとりがあると中で着替えたりするにも使いやすくなります。

ウォークインクローゼットの幅の比較

そして、基本的なWICの形状は上段とハンガーパイプがあり、中央から下はオープンとなっていて、通常は収納ケース(クリアケース)を積み重ねたり、チェストを置いたりします。

シャツが多い場合には下の写真のように、ハンガーパイプを二段にすることもあります。

ハンガーパイプ2段のクローゼット

ウォークインクローゼットの場所の検討

では実際に間取りをつくる際に、ウォークインクローゼットの場所はどのように決めるのか、どこに設置するのかを検討しましょう。

◆場所の候補としては、まずは主寝室に接する形です。

ご夫婦の寝室というのは、大きな収納が必要な部屋ですから、大きめのウォークインクローゼットを設けておけば、服以外の荷物も収納することができ、便利ですね。

主寝室に接して設けるウォークインクローゼットの大きさは、最低でも2帖、できれば3帖程度あるとスムーズに収納ができます。

主寝室にWICを配置

◆もうひとつは、ファミリークローゼットのようにリビングや洗面に近い場所や、廊下に面した場所に配置することもあります。

ファミリークローゼットの場合は、家族全員の「普段着」「制服」「仕事着」などを入れますから、できれば3帖程度あるとよいですね。

ただし、1階に設けることが多いため、大きな面積がとれない場合もありますから、「制服や下着」といった必要最小限の面積にして、残りは各プライベートルームへの収納でもかまいません。

1階へのファミリークローゼットの配置

ここで注意点としては、デメリットにもありましたが、ウォークインクローゼットというのは、「通路」が必要な収納ですから、大きく作れば作るほど、面積の使い方は非効率となることです。

他にもウォークインタイプの収納にはパントリーやSC(シューズクローク)もありますから、プランが面積的に厳しい場合には、これらも含めて、ウォークインタイプの収納を「壁面収納」にすることも検討が必要です。

ウォークインクローゼットの注意点

ウォークインクローゼットは壁面クローゼットと比べて注意する点があります。

それは、「換気」ですね。

壁面クローゼットの場合は居室にくっついている収納ですから、ドアを開けて居室と一緒に換気しますが、ウォークインクローゼットの場合は単独の部屋ですので、個別に換気を考えなければいけません。

換気の方法としては、一番良いのは小さくて良いので換気用の窓をつけることです。

ウォークインクローゼットは湿気や臭気がこもりやすいので、窓を開ける自然換気によって、空気の入れ替えをしてあげる必要があります。

ただし、日当たりが良い場所だと、窓からの日差しによって、服が日焼けすることもあるので注意が必要になります。

窓が設けられない場合には、換気扇によって機械換気をする必要があるということです。

まとめ

便利なウォークインクローゼットですが、結構な比率で通路を取られるため、多用しすぎると、非効率な「もったいない」間取りになります。

ただし、ウォークインクローゼットは使いやすくて、整理もしやすいため、上手く採り入れて、片付けのしやすい間取りにしたいところです。



そして、とにかく、私が重要視しているのは、家の品質を守ること。



あなたの大切な住まいが、低品質の危険な家では最悪です。


「あなたのこだわり」と「高い品質」、これらを両立するための方法とはなにか?

完成してから後悔することのないよう、知っておくべきことがあります↓↓↓



 

失敗しない家づくりのための、無料のメルマガ講座への登録はこちらから。

今なら、家づくりのE-book

危険回避のための7つのチェックポイント

プレゼント中!!

  • 「流行りの外観にはデメリットがいっぱい?」
  • 「間取りのありがち7つの落とし穴」
  • 「落とし穴にハマる原因はなにか?」
  • 「上手くいくこだわり間取りのヒント」

などなど、チェックマンtakumiがズバッと解説!

こちらをクリックして今すぐ確認
↓ ↓ ↓

建築士takumiの特別無料メルマガ講座はこちら!


また、住宅に関するお問い合わせやご相談は、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。

↓↓↓